ご登録いただければ新しいソフトウェアがリリースされたときにお知らせをお送りします。

2020.36.11版

リリースノート

Official
信号機/一時停止標識コントロール(ベータ版)
Model S
Model 3
Model X
Model Y
Stop Control / HW 3
Available in these countries…
Austria
Belgium
Bulgaria
Switzerland
Czechia
Germany
Denmark
Estonia
Spain
Finland
France
United Kingdom
Gibraltar
Greece
Croatia
Hungary
Ireland
Iceland
Italy
Liechtenstein
Lithuania
Luxembourg
Latvia
Monaco
Netherlands
Norway
Poland
Portugal
Romania
Russia
Sweden
Slovenia
Slovakia
Turkey
Requires: FSD

信号機/一時停止標識コントロールは、信号機と一時停止標識を認識して反応するように設計されており、トラフィックアウェアクルーズコントロールまたはオートステアリングを使用しているときに車を減速させ停止します。この機能は、検出された青信号、点滅する黄色信号、および作動してない信号機すべてで減速を行います。交差点に近づくと、車両は減速を開始することを通知してから減速し、ドライビングビジュアライゼーションに赤い線で表示されている位置で停止することを示します。

Model S & Model X 停止線を通過するには、オートパイロットレバーを引く、またはアクセルペダルを軽く踏み、安全に通過できることを確認します。すべてのオートパイロット機能と同様に、周囲の状況に注意を払い、ブレーキをかけるなど運転をすぐに変われるようにしてください。すべての交通標示で停止できるとは限りません。この機能は慎重に機能するため、初めは頻繁に減速する可能性があるほか、交差点では右左折を行いません。この機能は、他のテスラ車両からも学習することで、時間の経過とともにより自然に制御できるようになります。

Model 3 & Model Y 停止線を通過するには、オートパイロットレバーを引く、またはアクセルペダルを軽く踏み、安全に通過できることを確認します。すべてのオートパイロット機能と同様に、周囲の状況に注意を払い、ブレーキをかけるなど運転がすぐに変われるようにしてください。すべての交通標示で停止できるとは限りません。この機能は慎重に機能するため、初めは頻繁に減速する可能性があるほか、交差点では右左折を行いません。この機能は、他の車両からも学習するように設計されているため、時間の経過とともにより自然に制御できるようになります。

有効にするは、パーキングに入れ、「コントロール」 > 「オートパイロット」 > 「信号機/一時停止標識コントロール(ベータ版)」の順にタップします。

注記:この機能を有効にする前に、カメラのキャリブレーションを実行する必要があります。また、Wi-Fiを介して最新のナビゲーションマップをダウンロードする必要があります。この機能についての詳細は、オーナーズマニュアルをご覧ください。

信号機/一時停止標識コントロール(ベータ版)
Model S
Model 3
Model X
Model Y
Stop Control / HW 3
Available only in Australia, New Zealand
Requires: FSD

信号機/一時停止標識コントロールで、前方に先行車がある場合、ドライバーは青信号をそのまま通過することを確認するためにオートパイロットのレバーを引く必要がなくなりました。ドライビングビジュアライゼーションの停止線が緑色に変わり、車両が交差点をそのまま通過することを示すようになりました。

すべてのオートパイロット機能と同様に、周囲の状況に注意を払い、ブレーキをかけるなどの対応がすぐにとれるように準備してください。すべての交通標示で停止できるとは限りません。この機能は交差点で右左折することはできませんが、他の車両から学習を続けることで時間の経過とともにより自然な制御ができるようになります。

ナビゲート オン オートパイロット(ベータ) - 追い越し車線から車線変更
Model S
Model 3
Model X
Model Y
Navigate on AutoPilot
Available in these countries…
Australia
Canada
China
New Zealand
USA
Requires: EAP or FSD

ナビゲート オン オートパイロットが有効となっているときは、車両は追い越し車線をそのまま走行することができるようになりました。これは、追い越しを行なわないときは速度の低い走行車線に留まるよう注意を喚起するためです。追い越し車線の設定を調整するには、「コントロール」>「オートパイロット」>「ナビゲート オン オートパイロットのカスタマイズ」>「追い越し車線から離脱」の順にタップします。

オートステアリング時の一時停止標識および赤信号に対する警告
Model S
Model 3
Model X
Model Y
Stop Light Warning
Available in these countries…
Austria
Belgium
Bulgaria
Switzerland
Czechia
Germany
Denmark
Estonia
Spain
Finland
France
United Kingdom
Gibraltar
Greece
Croatia
Hungary
Ireland
Iceland
Italy
Liechtenstein
Lithuania
Luxembourg
Latvia
Monaco
Netherlands
Norway
Poland
Portugal
Romania
Russia
Sweden
Slovenia
Slovakia
Turkey
Requires: FSD

オートステアリングが作動中に、一時停止標識または赤信号を無視する可能性があることを車両が検知すると警告を発する場合があります。この機能で車両を止めることはできません。信号に注意を払うことはドライバーの責任です。

青信号チャイム
Model S
Model 3
Model X
Model Y
Stop Control / HW 3
Available Worldwide
Requires: FSD

待っている信号機が青に変わった際、チャイムが鳴ります。他の車両の後ろで待っている場合は、アダプティブクルーズコントロールまたはオートパイロットが有効でない限り、先行車が発進するとチャイムが鳴ります。信号機/一時停止標識コントロールがアクティブになっている場合、青信号での通過を確認できる時にチャイムが鳴ります。有効にするには、「コントロール」>「オートパイロット」>「青信号チャイム」の順にタップします。

注記:このチャイムは通知としてのみ設計されています。周囲の状況を観察して、状況に応じて判断するのは、ドライバーの責任です。

ドライビングビジュアライゼーションの改善
Model S
Model 3
Model X
Model Y
HW 3
MCU 2
Available only in Japan

ドライビングビジュアライゼーションは、赤信号、道路標示を含む物体を表示することができるようになりました。赤信号が表示されたとしても、ドライバーが注意して運転することに代わるものではなく、本機能は車両を停止させるわけではありません。ドライビングビジュアライゼーションの表示内容を確認するためには、「コントロール」>「オートパイロット」>「フルセルフドライビングの表示プレビュー」の順にタップします。

オートステアリング時の一時停止標識および赤信号に対する警告
Model S
Model 3
Model X
Model Y
HW 3
Available only in Australia, Canada, New Zealand

オートステアリングが作動中に、一時停止標識または赤信号を無視する可能性があることを車両が検知すると警告を発する場合があります。この機能で車両を止めることはできません。信号に注意を払うことはドライバーの責任です。

スピードアシストの改善
Model S
Model 3
Model X
Model Y
HW 3
Available in these countries…
Austria
Belgium
Bulgaria
Switzerland
Czechia
Germany
Denmark
Estonia
Spain
Finland
France
United Kingdom
Gibraltar
Greece
Croatia
Hungary
Ireland
Iceland
Liechtenstein
Lithuania
Luxembourg
Latvia
Monaco
Netherlands
Norway
Poland
Portugal
Romania
Russia
Sweden
Slovenia
Slovakia
Turkey
USA

MCU 1 スピードアシストは、一般道路での速度制限データの精度を向上するために、車両に装備されているカメラを利用して、速度制限標識を検知するようになりました。

MCU 2 スピードアシストは、一般道路での速度制限データの精度を向上するために、車両に装備されているカメラを利用して、速度制限標識を検知するようになりました。検知した速度制限標識はドライビングビジュアライゼーションに表示され、関連する速度制限警告の設定に使用されます。

通常通り、スピードアシストの設定を調整するには、「コントロール」>「オートパイロット」>「速度制限」の順にタップします。

サスペンションインストゥルメントパネル表示
Model S
Model X
Adaptive Air
Available Worldwide

変化する路面状況に合わせて、サスペンション システムで各ホイールのダンピングが動的に調整されている状態をリアルタイムで視覚化します。これは、インストゥルメントパネルの右側または左側に表示されるようになりました。表示するには、利用できるインストゥルメントパネルのオプションが表示されるまで、ハンドル スクロールボタンを押し続けます。スクロールボタンをロールして、「サスペンション」を選択します。

クルーズ設定速度の改善
Model 3
Model Y
TACC
Available Worldwide
Requires: AP, EAP or FSD

クラスター速度計をタップするだけで、トラフィックアウェアクルーズコントロールまたはオートステアリングの設定速度を現在の速度に素早く調整できます。速度制限標識をタップし設定速度を速度制限に調整することもできます。

歩行者警告
Model S
Model X
Pedestrian Warning
MCU 2
Available only in China, Taiwan

規制に対応するため、歩行者警告音が更新されました。

Released on
2020年 9月 17日

View the upcoming release, 2020.40.9

Sitemap

Sponsors

Find out how to become a sponsor and have your site listed here.

Although we share official Tesla release notes, we are not affiliated with Tesla Motors. We are Tesla fans and supporters.